根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

【VERIVERY】『SERIES ’O’ (ROUND 2 : HOLE)』REALITY.ver 開封の儀

 CDを買うことについて考えている。あるいは音楽を聴くことについても。

 K-POPアイドルのCDを買うのは楽しい。とても、楽しい。

 同時に私はこれ以上CDを買いたくないと思っている。というか、買うなら買うだけの意味を持たせたいと思っている。でなければ、とても「勿体ない」。

 ということで、この記事は「買うなら買うだけの意味を持たせたい」という自分の気持ちを晴らしたいという思惑がある。買ったんだ、買うだけのことをしないと。

 

 絶賛あそび中のアイドリッシュセブンの六弥ナギが出演しているこの動画は、端正な顔立ちとは裏腹に、ナギのぶっ飛んだテンションが惜しげもなく出ている良い動画だと思うけれど(最初の頃はこの人好きになれない人じゃないかなと思ったが、ナギっちの明るさとまだまだよくわからない未知なる部分が気になっている書き手)そう、ナギの言葉を借りるなら「何度引いても開封の儀式というのは楽しいもの」なのだ。最近スマホアプリゲームのガチャを引くのも楽しい。ガチャ特有の不確かさとか、自分ではコントロールできない現実がわかりやすく可視化、具体化される感じが痺れるのだけど、まあ、その話は割愛だ。

 何を開封したかって?これです。

 SINK、LOCK、REALITYと3バージョンある中で、REALITYの評判が良さそうだなと察知、私もREALITYの衣装がすごくいいなと思ったので在庫があったタワレコで注文した。ちなみにこれはリリース後のことである。好きなアーティストであるはずなのに、発売前にCDを予約できたためしがない。VERIVERYに限った話ではなく、私がそういう人間ってことなのだが。

 重ねて言うが、K-POPアイドルのCD現物を買うのは楽しい。

 今は音楽をどのような形態で売るのか、その転換点なのだろうな、と思う。一般市民の肌感覚でひしひしと感じるぐらい変わっている。

 K-POPアイドルのCD販売形態のお祭り騒ぎ(私はこの華やかさを「お祭り」のようだと思う)が死にゆく文化なのかまだわからない。というのも、この文化の根底にあるのは人が誰かに熱狂する心の動きにあるから。

この情動が滅びない限り、外的な要因がなければお祭り騒ぎは続くだろうなと思う。外的な要因というのは、情動以上に環境変動の危惧が高まればとか?(プラスチックは駄目だ!もったいない精神を尊べ!)

 ま、ただ現状、K-POPアイドルのCDはお祭り状態なので、それを思いっきり楽しむのも良いと思う。先にも書いた通り、この記事は私なりのお祭りの楽しみ方なのである。

 

ここからテンションが上がります

 

 まずは外観から。

f:id:dorian91:20210918143821j:plain

 

 お洒落ーーー!

 めっちゃ洒落てないですか、そんなことないですか、いやそんなことあるよね。

 黒をベースに型押し(って言うのかな)で印字されてるのと、白のタイトル。そして艶やかな大人の赤で綴られたHoleの文字。写真じゃわからないと思いますが、光の当て方でラメラメするのです(注:ラメっぽい加工がされてきらきら光る、の意)。えーーー、めっちゃ可愛いのですが。そんなことないですか?可愛いよね。

 そう、どうしてCDを買おうと思ったかって、ブックレットの素材がつるつる安っぽい作りじゃなく厚みというか重たさがあるというか、上品な作りじゃないかなあと思ったからでした。ちゃんと自分で確認したいですからね、買いました。その感覚は間違ってなかった。重厚感。頑張ってる感がある。背表紙の赤色だけがちょっと鮮やかで気に入らないけれど(Holeの文字の赤とは違う赤色)考えてみればこの赤ってミュージックビデオでも使われているレーサー衣装の赤に繋がる赤なのでまあいっか、となる(単純)。意味づけできるデザインであれば何でもいいオタクです。

 

 次は内容。

 良かった…。評判通り良かった。REALITYのカジュアルめな衣装が好みなんです(かっちりとコンセプトを体現したSINKやLOCKの衣装よりよほど、と言ったら怒られると思うけど)。起きがけにブックレットの中身を一周したらその日一日は幸せになれそうな良さ、と言ったら伝わりますか。伝わらんか…。それくらい良いです。そう、REALITYの写真は朝に見るといいよね、一日の始まり似合うもん。

(さてお手元にREALITY.verがある人は実際に開きながら副音声的に以下文面をお楽しみください)

 REALITYの衣装の写真は各メンバー見開きで3ページあります。以降ページについて言及するときは()で、右上に振られたページ数も、書いておきます。

 まずはドンホン。ページをめくるたびに実線が引かれていくかのような、濃淡の移ろいがいいです。最初の見開き(p.04-05)はぼんやりと淡い感じ。そこから線が、色が、形が濃くなっていく感じです。ホニさん柔らかくて儚くて綺麗…から、どんどんくっきりとしていきます。これ狙ってんの?天才?真ん中(p.06)と最後のページ(p.09)で日差しが出てくるのとかめっちゃいいよね、いいよね!?ホニさんって目が綺麗だな~と再発見した。

 と思って、ほかほかしながら次のページをめくるとホヨン担は死にます(私がホヨン推しかどうかは…どうなんでしょうね、あんまり推しってのがわからないもので)。かわーーーーーーーーー!(注:可愛いを叫んでいる)シュッとした顔立ちなのにほっぺはもちもちしてて笑うと笑窪ができるって、何!?何事!?とはいえ、私のお気に入りは見開き1ページ目(p.11)の右下、目線を横に流しているやつです。くあああああああああ。あと見開き2ページ目(p.13)の右上、こちらを見る2枚の写真な、そんな目で見ないでーーーー死ぬからーーーー。

 息も絶え絶えなんですけど、まだ二人目なんですよね、ここは天国か。次、ミンチャン。ぺらり(ページをめくる音)。ミンチャン、おかえりーーーーーー!そんな目でみないでーーーー!(p.16)ぜえぜえ。目が眩む。かっこよすぎて目がしょぼしょぼしてくる。真面目にコメントすると、REALITY.verのミンチャンさんの表情の柔らかさがすごくてな。大丈夫か、大丈夫なんか。君は幸せなのか?でも私は嬉しいよ、このミンチャンさんが見れて嬉しいよ、シクシク、と思いながらページをめくり目に飛び込んできたミンチャンさんにぶっ倒れました(p.21)。私がトータルで一番「好きだな」と思った写真でした。印刷して近所の人に配って大声で叫びたいくらい(ダメゼッタイ)かっこよくて朗らかで優しい写真ですね。

 一度呼吸を落ち着けて、次はケー様です。あら。あらら。なんというか、ケー様はこちらの身が引き締まるかっこよさですね。ほんと。マジで。ケー様はかっこいいと可愛いの間に大地溝帯があるのか?ってぐらいきっぱりと分かれている印象で、そのギャップにこちらはクラクラするわけですけどREALITYに関してはかっこいいに振ってる感じです(私の印象)。そこにちらっと笑みが入ると余計にぴりりと引き締まります。ケーの一連の写真は眼差しに着目して見ていくと面白いのではないかしら。

 次、ヨノ。かわーーーーーーーー!(注:可愛いを叫んでいる)ふあふあヨノちゃ、可愛すぎる。アクリルスタンドで欲し!手のひらにヨノちゃ!(←自主規制)あとツッコミ待ちだと思うから容赦なく言うけど、花食ってるの面白すぎんだろ。なんかのアニメで花食ってたら実は痺れ作用のある花でした、みたいなネタなかったっけ、あ、BLEACHの京楽さんか(思い出した、花じゃなくて道端に生えている雑草ですね)。あと二次創作で花吐き病みたいなジャンルなかったでしたっけ、うっっっっこれ以上深追いすると私が倒れる。陽の光浴びるヨノちゃ(p.28)が好き。

 ヨノの次はヨンスン。えーーーーーーん、どのカットも可愛いしかっこいいぞー。ヨンスンが柔らかく笑うやつが私は好きです、昔から(「今からVERIVERY」単独Teaserまで遡る)。p.38の無邪気スンに私が倒れた。可愛すぎかよ…。希望の光かよ…。ヨンスンさえいればこの世界は美しい、みたいな謎の文言が頭の中をよぎった。柄シャツをあてがわれているけれど、顔はどこかの国の皇太子みたいな気品溢れる雰囲気なのよ…なんなのよ…。

 最後はカンミンちゃん。青い(髪色が)。カンミンちゃんの耳が気になるオタクなので、髪のボリュームを減らした今の髪型はニコニコしちゃう。カンミンちゃんのターンの最初と最後で繋がっているの(p.40とp.43)なんなん!?なんなん!?(叫ぶ)ほんとまあこの人は目力ある人で、まっすぐカメラを見つめる写真の威力のすさまじさよ。そんなことを思っていたら、ぐっと落ち着いた雰囲気を出してくる(P.43)ので「坊、いつからそんなことできるようになったの!?」と写真に向かって叫んでしまう。貴重な瞬間を見させていただいているのだなと、厳粛な気持ちになります。背筋がのびる。

 結果。

 ため息。

 いいものを見させてもらった、という語彙力がない感想に落ち着く。いいものを見させてもらった。そして後半は、なんだろう、あれか仮面ベリの衣装かな、とか、レーサー衣装で撮った「ガチ」写真と、撮影中のoffモードの写真が混ざったような構成でメンバー毎にページが続きます。これうまいよなあ。何がリアリティなんだろうと考えさせられる感じ。DIYではないですけれど、一つの作品で様々な面を、表と裏を見せようとしている感じがうかがえます。

 他のアイドルのアルバムを複数枚ちゃんと買って見たわけではないですけれど、なんというか、印象として他は表A.ver、表B.ver、表C.verみたいなラインナップなんですかね。どうなんだろ。REALITYの衣装の写真を比較すると楽しいですね。非常に満足感あるREALITY.ver…SINKやLOCKも買いたくなってしまうな…買わないですけど(買わないんだ?)

 

 さて、トレカ諸々についてはこんな感じでした。

f:id:dorian91:20210918152941j:plain

 すみません、交換はできません!

 ここまでばらけたなら、ヨンスンとケヒョンさんも欲しかったな。ポスターとか遠慮なく部屋に飾りたいところなんだけど、どうも羞恥心があって超えられない壁なんだよな…心の部屋に飾っていつでも望んだタイミングでだれにも見えないバーチャルな感じで映し出してほしい。技術変革、待たれる…。

 

 ということで、大体お祭りは楽しんだか…。マジでK-POPアイドルの開封の儀は楽しい。ほんと、いくらでも書ける楽しさ(ここまで4500字超。原稿用紙10枚分?え)です。私の目的は達成されました。

 これだけ言って、万が一「か、かおうかな…」と思っている人がいたとして、在庫切れだったら申し訳なさすぎるけど、2021/9/18 12時時点では、少なくともタワレコオンラインにはあったので良かった良かった。私の懐には一銭も入らないので、REALITY買ってみようかなと思った人がいたら是非。