読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

gugudan『Rainbow』が、かわいいぞ 他

 gugudanの『Rainbow』が可愛くて可愛くて悶えている人間が、ここに一人。(今更なのだけど、このままボツにするのも嫌なので書ききってしまおう)

www.youtube.com

 

 2月後半から3月は、とりあえず、楽しみにしていたgugudanちゃんたちをワーッと愛でて、TWICEのブルドーザーっぷり(意:その人気がすごすぎて、音源チャートとか音楽番組のランキングにおいて見事に他グループをなぎ倒す様。悪意は込めていない点に注意したいところ。が、ちょっと力強すぎて戸惑っている)とか、GFRIENDのかっこいい系カムバックとか、テヨンってやっぱいすごいんだなとか、そういうことを、ワーッと感じて、もう整理できないくらいに毎週色んなアイドルがカムバックしていて、追いつけないよ、と思って、ああもう次はおまごるだ、と思って4月になってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 4月になりましたが、私は飽きもせずgugudanちゃんフィーバー中でもあります。ああ、もう次のカムバックを楽しみにしている。いや今の活動も良きかな。今回は長く活動していいね。毎日なんらかのgugudanちゃんの映像が入ってくるのはすごい嬉しいです。ぐうかわいい。今は『Rainbow』って曲最高に可愛いなぁ~って思っているところです。

 

 gugudan『Rainbow』は、かわいいぞ

 『Rainbow』は今回のアルバムの一番最初に入っている曲。テンションが一気に上がる、「宝島発見しました!隊長」的な躍動感あふれるイントロが、まずはお気に入り。あと衣装が可愛いんですの。こんなgugudanちゃん見ることができて、多幸感ハンパない仕上がり。驚くのはヘビン姐さんのポニテが可愛いさよ…。いいやないか~~。歌詞も前向きで可愛らしいようなので、そこも好きなところであります。『Rainbow』のかわいさは、活動曲A Girl Like Meがあってのことで、活動曲の統一感ある衣装も含めて、Rainbowのステージが輝くのだろうなぁと思います。

 

 gugudanってのは面白いグループで、クール系かっこいいお姉さま感を前面に推して今回はカムバックしたものの、若いミナやヘヨン、あとはミミ嬢など、可愛い系でバリバリ前線に立てる子たちも混ざっているグループであります。少なくとも、私はこの『Rainbow』でそう感じました。セジョンも何でもそれなりにできちゃうので、『Rainbow』も可愛い(もはや彼女に関しては何でもかわいい)ですし。ハナやナヨン、ヘビンやソイちゃんは大人びているのかお姉さま系が抜群に似合います。サリちゃんは多分異世界を演じさせればどれも似合うような気がしている。彼女の存在=異次元なので(人間を超越したポテンシャルを彼女には感じるのだ)。

 ハナ、ミミの最年長ラインが対照的なのが個人的にはツボです。2人は年長者だからなんなのか、割とどこでもくっついている印象がありますが(気のせいかもしれない)、クールで美人な容姿のハナちゃんと、キュートな華やかさを持つミミちゃんという、ツートップの絵が脳内で描かれていて、胸が高鳴っております。やばい。もうgugudanというグループ内の関係性が好きになり始めている。

 あとは、A Girl Like MeでもRainbowでもミナが重要な箇所をしっかり押さえているところも見事。単純にラップパートを任されているってだけだしガッツリなラップじゃないので大したことないような気もするのだけど、歌唱力という部分よりはむしろ存在感?一目で識別できる系統の顔だし、愛嬌があるし、しっかりしているんだよなぁ~。若いのになぁ。セジョンもすごいけれど、何気にミナがすごいと思っている私。

 

A Girl Like Me 練習動画

 あとは首を長くして待っていた、練習動画が公開されていて嬉しい。

www.youtube.com

 練習着が地味なところもまるっと好感度を上げていく要素で、もはやgugudanにういては何でも好きって言うのだろうなぁ。もちろん足りないところもあるのだろうけれどさ。ソイちゃんのシンプルな装いだけど、首ががっつりと空いていて色っぽさを醸し出しているところが最高だと思っています(変態的意見)。gugudanの色気担当はソイちゃんやで。音楽番組では思わなかったけれど、練習動画だとガッツリキレッキレで踊っているところも見どころです。マンネのヘヨンちゃんなんかほんと切れ味ある動きやで。

 

 ということで、色んなアイドルが生まれては消えていく、激しく厳しい世の中ですが、gugudanちゃんたちが生き残っていきますように。また末永く活動してくれますように。色々比較されるだろうけれど、常に高みを目指して、前回とは違ったものを見せてくれますように。そしてそれを私もいつまでも楽しんで喜べますように。