根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

【本】恩田陸作品のこの登場人物の名前が素敵だ選手権

 「恩田陸 登場人物 名前」と検索をかけるぐらいには、恩田陸作品の登場人物の名前が好きです。こんにちは。好きなので、こんな文章を書いてみようと思います。著書を全部網羅しているわけではないのであれですが、恩田陸作品の中から印象的な名前をピックアップしてみたいと思います。

 

続きを読む

【ONF】『We Must Love』感想

 尖っているなぁ…。

 MVを観終わって少し心落ち着けてひねり出した感想がこれでした。

 「何が」尖っているのか、私は上手く言葉にできませんが、でも尖っている気がする。尖っているというか「ONFです」という音作りが最初からできてしまっていたのがONFというグループなのでした。相変わらず面白いことしてくるし、こちらの意思をひょいと超えていってしまうところがとても好きだなぁと思います。

 

続きを読む

【ASTRO】太陽の光を浴びて健やかに育ってくれ/「1 In a Million」

  1 In a Millionが最高過ぎて、こうして筆をとっています。良い〜と思って、しばらくこのアルバム自体から遠ざかり、ふとした瞬間にまた戻ってくると「あ〜良い〜」となるのを何セット繰り返しているか。

  今回のASTRO君、アルバムジャケットもMVもそうなんだけど非常に温室感がすごいというか(比喩的な意味じゃなくて、文字通り「温室」感)植物のむせかえるような草いきれを感じる仕上がりですよね…K-POP聴いていてこれはなかなか無い感覚。温室って場所や植物にもよるけど、私の場合、湿度たっぷりで空気が質量をもって肌の周りを覆っているイメージで、このアルバムもじっとりねっとりしてて最高です。まあ「温室」という単語でアルバム全ての楽曲を束ねることは無理ですけど、なんとなくその言葉をイメージしながら聴いてます。

  1 In a Millionはその中でもどこか南の暖かい国の太陽が思い浮かぶ曲です。青い空、白い雲、砂浜に打ち寄せる波は透明で澄んだ輝きを帯びていて、バカンスしたーーーーーーい!!!

  ASTRO君はそこまで詳しくはないですが、出だしのサナ君?かな、すっごく繊細な歌い方でいたく感激しました。サナ→ウヌの流れだとするとウヌ君もこんな歌い方できる人だったんですね…。知らなかったぜ私。

   ASTRO君に幸あれ。ASTROの音楽がどうなるのか、今後も楽しみにしています。まだ私は決めかねているというか、グループの色を掴みきれていない故に次のカムバックが早くも待たれますね。今回のアルバムではASTROらしさを決めたくないかなぁ…。(もちろんとっくに掴んでいる人もいらっしゃると思いますが。)すくすくと育ってくれ。

 

1 In a Million

1 In a Million

  • provided courtesy of iTunes

 

 

f:id:dorian91:20190208123506j:image

【食】私の生存戦略(ケーキ編)/「キルフェボンのタルト」

 私いっつも疲れてるのか?そんなことを考えておりました。皆さまいかがお過ごしか。というのも、私の楽しみって大体「いつも疲れるからそんな自分をどうにか奮い立たせる為にも!生きるぞ私!」みたいなところが根源だったりするのかもしれないと思ったからです。いや、楽しみってそういうもんじゃないの?と思うのですが、どうなのでしょう。

 さて、お休みをいただいたので、街を歩いてきました。

 本当は美術館に行こうと思っていたのに、いつの間にか入館料と大して変わらない値段のケーキ(とドリンクのセット)を代わりに食べていました(支離滅裂な発言)。

続きを読む

【NCT】溢るる街の音楽/NCT127『NCT #127 Regulate』感想

 意味もなく超絶落ち込む夜に聴ける音楽を見つけておくのは結構大変な作業であります。感傷も要らない。感動も要らない。ただそこにあって染みこむ音楽が欲しい。と思って、歩きながらアルバムを探していたら、ありました。『NCT #127 REGULATE』。

 確かにリリースされてから聴いたはずなのに通して聴いたのは数回限り、というこのアルバム。(Simon Saysはよく聴きましたけれど。)お前~何故聴いていなかったんじゃ~と案の定頭を抱えたわけですが、多分初見がジョギング中だったのが悪かったかと。最初は歩きながら聴かないと!!!このアルバムは、歩きながら聴くのがちょうどいい作品です。あとで音盤買わないとな…。

 ということで、今日はがっつりアルバムの感想書いていくぞ!!!

 なお、書き手は歌詞を理解していない人間なので、メロディとタイトルのみで曲のイメージを構成してます。歌われている主題とイメージが著しく乖離していることがあることをご承知願います。

  • City 127
  • Regular
  • Replay (PM 01:27)
  • Welcome To My Playground
  • Knock On
  • No Longer
  • My Van
  • Interlude: Regular to Irregular
  • Simon Says
  • Come Back
  • Fly Away With Me
  • Chain (Korean Ver.)
  • Regular (English Ver.)
  • Run Back 2 U (ボーナストラック)
  • まとめ

 

続きを読む

【文房具】ノートの話/ライフ「ポケット付きノート A5 青」

 今日はノートの話。

 ところでだけれど、国語の授業は夢がある気がします。そもそも何をしていいかわからないところありませんか。現職の国語の先生どうですか。非常に抽象的なものを扱う授業、という印象です。

 そんな国語の時間の思い出は、小川洋子さんのエッセイでした。多分国語の授業で利用したのだと思いますが、そうでなくても国語の教科書に載っていて楽しく読んだ記憶があります。『博士の本棚』というエッセイ集に該当のエッセイが収録されていることをつい最近知って、図書館で本を借りねばと思っているところなのです。(「私の愛するノート」という話です)

続きを読む