読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

そうだ私はこの「作られた」空間が好きなんだ ―PRISTIN『WEE WOO』―

K-POP

 やはり私は「作られた」空間が好きなのだと、実感しました。

 K-POPの何が好きって、色々あるけれど、やっぱり「視覚的」な楽しさがあるところだと思うのです。ミュージックビデオを見ているのは本当に飽きない。私は小道具大好き人間だから、色んなものが使われているとそれだけでいくらでも考えられちゃうところ、ある。K-POPの「作られた」世界観が本当に好きなのです。

 ということを、PRISTINのデビュー曲『WEE WOO』を聴きながら、そして観ながら考えていましたとさ。PRISTINがデビューしました。

Pristin 1stミニアルバム - Hi! Pristin (Prismatic Version A)

続きを読む

佐藤多佳子『一瞬の風になれ 第一部 ―イチニツイテ―』を読んで

20歳からの読書感想文

 「一瞬の風になれ」

 まず、このタイトルがとっても素敵だと思う。

 

 「一瞬の風になれ」。うん。味わい深いというか。物語を読んでいるとさらに胸に迫る何かがあるタイトル。作品のタイトルについて深く考えたことはなかったけれど、じんわりとする素敵な言葉だと思います。

 

 佐藤多佳子さんの三部作『一瞬の風になれ』の第一部を読みました。

 

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)

 

続きを読む

始めましてのアストロ ―ASTRO『Confession』―

K-POP

 普段それほど考えないし、どっぷり浸かることもないのだけれど、この曲に関してはあまりに力が強すぎて私の心は負けたようです。ああ、私だって、制服を着てとびっきり可愛くなって、こんなキラキラした男の子たちに囲まれたかったわよう…(´;ω;`)はい、気持ち悪い妄想ですねやめます。(←自分で書いた後に振り返ってみると、以上の文章、非リア的僻み嫉みが詰まった言葉だなと思って悲しくなっております)

 ということで、今日はそんな「(人に)妄想(させる)力」No.1!そして、私個人的には、イントロで心つかまれたで賞 No.1!の曲を紹介します。

 

 それが、ASTROさんの『Confession』です!!!!

3rdミニアルバム - Autumn Story Aバージョン(レッド) (韓国盤)

続きを読む

益田ミリ『前進する日もしない日も』を読んで思ったこと

20歳からの読書感想文

 益田ミリさんの『前進する日もしない日も』を読みました。

 1~2ページぐらいでコンパクトにまとめられた日々の出来事がいくつも収録されたエッセイ集です。

 エッセイ、って好きです。何度も言っているかもしれないけれど、エッセイって好き。その人の世界の見方がわかるから。生活の営みを窺い知ることができるから。そうして、私の世界は少しずつ広がるような気がするから。

 ということで、『前進する日もしない日も』を読んで考えたことをまとめます。

前進する日もしない日も (幻冬舎文庫)

続きを読む

VIXXの『Hyde』が好きなので「新作だけが新しいのか」という言葉に全力で頷きたい今日この頃 

K-POP VIXX

 私は、今、猛烈に、VIXXの『Hyde』が素晴らしい、と思っている。そして「新作だけが新しいのか」という言葉に、全力で頷きたい。

続きを読む

「映画館という空間でポップコーンを食べる」という幸せ

場所 食べ物

 映画館で食べるポップコーンが、私のポップコーン史上一番割高だったとしても、一番おいしいと思っています。むしろ本題=映画より重んじるべきものなのかもしれない、ポップコーンというやつは。

 今日はそんな話。

続きを読む

Lovelyz「WoW!」がかわいい ーLovelyz超初心者が通りますー

K-POP

 突然ですが、かわいい女の子を見ている瞬間、私は癒されているのではないか、と思うようになりました。

 

 かっこいいアイドルを見ているのも楽しい。

 かわいいアイドルを見ているのも楽しい。

 

 どうしてなのだろうなぁ…

 

 ライブに行ったり、グッズを買ったり、そういうことにはあまり興味はないのですが、K-POPアイドルをめぐって展開される、音楽と映像に閉じ込められた非現実空間が好きなのかなぁ…楽しいよなぁ...よくわからないけれど。現実と混同しないように、弁えるところは弁えつつ!楽しんでいこう。

 

 

 そんなことを考えていました。はい。

 

 今日はそんな「かわいいなぁ」と思っているアイドルについて。

続きを読む