根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

CLC「Where you are?」を愛でたい

 気に入って、ずーっと聴いております。CLCの「Where you are?」

f:id:dorian91:20170818205457p:plain

 今年のヘビロテ曲リストには間違いなくランクインするでしょう。

 

CLC「Where you are?」を愛でたい

 CLCについては「No Oh Oh」から知って、でも未だにメンバーを全員覚えられず...でも「Hobgoblin」も聴いたし、何より「Hobgoblin」が入っている『Crystyle』のアルバム構成がめっさ好きで、これについては下書きで文章があるのだけどいい加減時季外れだと思って削除しちゃって、やっぱり文章にしようと思いながらこれを書いています。もしかしたらアップするかもしれないですね。とりあえず一言言うと、「鬼の目にも涙」って感じで最高です。このアルバムのラストの曲の「Tears Bottle」が名曲なのです。

 

 そして新曲の「Where are you?」。

www.youtube.com

 とても好きです。

 80%ぐらいの割合で、サビのソンちゃんのパートが好きです。「お~でぃ~や~、お~でぃ~や~」ってところです。一貫して、さらっとしとやかに歌い上げてミュージックビデオも非常に幻想的な色あいでありながら、ソンちゃんのこのパートはものすごくエモーショナルでして。あんたどこなのよ、と。この曲の主題とも言えるフレーズに最も気持ちが籠っているように聴こえるので、好きになりました。

 ボーカルもこう、不足がないというか、総合力が比較的あるグループ。今回の曲は個々をぱっきりと際立たせるよりはまとまりの良さが目立つ仕上がりなのかなと思いました。

 ずーっと聴いていられる、そんな曲です。 

 アルバム自体も同じように聴きとおすことができる曲が詰まっていて、アルバムとしてのまとまりも良いのではないかなと思います。なんというか身体に優しい?

 ミュージックビデオは先に言ったように幻想的なふわふわしたエフェクトがかかっていて、狙っているわけじゃないけれど結構ホラーな感じに仕上がっているところがまた独特。CLCは色々な顔立ちの子が混在しているグループなので、眺めていてとても面白いのかもしれません。エスニックな香りがほのかにする、顔立ちはっきりのソンちゃんや、西欧風なスンヒ、エルキーも欧米感があるし、一方でアジアな東洋人の顔立ちのメンバーもいて。そのあたり面白いどす。

 CLCで気になるのは、メンバーが細すぎる問題。特にユジンちゃん。細いよ~~練習動画も観ていたのだけれどあまりに細くて、本当に大丈夫なのかと不安になってしまう。元々線が細い子なのだとは思うけれど...ちょっと心配になるレベルで足が細い。動画で細いのだから、実際はもっと細...いの?もっとご飯食べてーーーー。

 

 CLCというグループは、プロデュース101シーズン1の波にどうにか乗っかろうと画策をしてみたものの見事にその煽りを喰らってしまった、みたいなところがあるような、ないような。事務所もっとCLC売り出してやれよ、なんてふと思ってしまって。一外国人ファンからしてみればYoutubeTwitterInstagramなど各種メディア媒体はかなり重要な情報源でして、おま、CLCのYoutube公式チャンネルにMVがあるのに、Dance Practice動画はCubeの公式チャンネルにあるんかい!と思ってしまった…そこはCLC公式チャンネルでいいんじゃないの?なんで?…ごめんよ…事務所によって戦略があるのは知っているさ。文句は言わないさ。と思って後輩のPENTAGONの公式チャンネルも見たら、アップされている動画が7本しかないじゃないか~~~なんでだ~~Cube。(結局文句言っている私)

 

 とにもかくにも、今回のCLCの新曲、好きです。

 もっと売れればいいのだけどなぁ...事務所もそこらへんぜひ考えてほしいところですね...

 「コンセプト迷走している」なんて評されてしまうのかもしれないけれど、もはや「コンセプト?それが何?」という姿勢で頑張って色々な試みをしてほしいです。コンセプトが決まりきっているのもそれはそれで大変そうだし、自分たちのスタイルというものは決めつけることでもないのかもしれないなと思わせてくれたあたり、CLCすごいと思うので、生き残れ~~~。そして私は少しでも名前を覚える~~あともう少し。

 

 

【飯】いきなりステーキに行きたかったので、一人で肉を喰ってきた

 タイトルの通りです。

 「肉喰いて~~~~~><」ではなく「いきなりステーキ行ってみたい~~~~」から始まりました。

続きを読む

結論:かわいい/gugudan OGUOGU「ICE CHU」

 目の前に広がる「可愛い」に、全力でひれ伏しました。

 gugudanのミナとヘヨンのユニット、OGUOGU(オグオグ)が8/10にデビュー!おめでたい!やったぜ!皆のもの宴じゃ~~~~うわ~~~~。

 ということで、オグオグのデビュー新曲「ICE CHU」の感想、書きなぐります。

  • gugudanのOGUOGUは、色々とすごかった。
    • 多彩な歌い方ができるマンネズ
      • ミナ
      • ヘヨン
    • 愉快なミュージックビデオ
    • ただでは帰さないメリハリの効いたステージパフォーマンス
  • gugudanのTeaserはなかなかに好き
  • まとめ

 

続きを読む

【雑記】Wanna Oneに感じる盛り上がりを、私がK-POPにどぶんと落ちたときの過程とともに考える文章

 注)以下の文章は、多分いよいよデビューお披露目となったグループ「Wanna One」について、全力で愛を語る内容では一切ありません。Wanna Oneの曲については、書くとしたら別の機会に書くと思うので、Wanna Oneを愛でたい人にとっては期待外れの文章になること間違いなしです。よろしくお願いします!

 ※ちなみに、MVを見た感想は、私は、今のところデフィ君推しなんですけど(←ちょっとここに至る経緯も深く考えたいところなんですね)デフィ君の見せ場がせめてダンスであればいいんだけど!という自称姉目線のコメントも挟んでおきますね。「せめて」という言葉に込められたニュアンスを察していただけると、嬉しいです。

 

 ということで、この文章の本題は「Wanna Oneに感じる盛り上がりを、私がK-POPにどぶんと落ちたときの過程とともに考える」ということになります。よろしくお願いします。

続きを読む

【NU'EST】光と影と、バックダンサーの話を少しだけ/NU'EST「Love Paint」並びに「Overcome」

 一気にバーッと思いついたことなのですが、一緒くたに書いてしまうとどうもダメなような気がしたので、2つぐらいに分けて書きます。どちらもNU'ESTさんが出てきますが、この文章で主に登場してくるかと思います。

 今回の文章の言いたいことは「NU’ESTの直近の2曲はバックダンサーさんの使いどころ最高なのでは?」ということです。多分次に書くであろう文章で言いたいことは「プロデュース101を経てのデビューのアドバンテージについて、私がK-POPに落ちたときの過程と照らし合わせて考えてみた」だと思います。これ、結論じゃないですね。結論あるのかなぁ…。ま、それは今後のお楽しみってことで!今日の本題は前半。

 

 改めて言いましょう。

 NU'ESTってバックダンサーさんの使いどころ最高ですよね?、と。

続きを読む

【gugudan】gugudan『Perhaps Love』

 今になってずぶずぶとハマってしまいました。

 gugudanの「Perhaps Love」です。

続きを読む

【gugudan】ユニット活動「オグオグ」に私が胸ときめくわけ

 早い話、今の私が退屈だから、です!(言っちゃった...)。

 釈明すると、別に今楽しくないわけじゃないんです。

 色んなアーティストがカムバックしてくれているし、世界水泳の競泳日程が始まったし(←実は競泳好き)、私という人間は、誰がどうだろうが放っておいても楽しいこと面白いことを見つけるようにできている人間なので、別に大丈夫なんですよ。で、も!こう、ね、何か刺激が欲しいです。できれば毎日毎日。うおおおおってなるようなものがないとね、しんどい。だから、この話を聞いたとき嬉しかったなぁ。「ふわぁ!」って飛び上がっちゃったもんね。

 「私が今退屈だから嬉しいよ!」というのはあまりにひどいわけで、「ふわぁ!」と飛び上がるにはそれだけの理由があるのですよ。今回はgugudan初めてのユニット活である「オグオグ(5959)」について、つらつら書いていこうと思います!

続きを読む