読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

#121 I.O.I「DOWNPOUR」を観て聴いて

K-POP

 ウジ君は、天才だと思いました。

 

www.youtube.com

 

 I.O.Iの「DOWNPOUR」のミュージックビデオを、観て聴いて、その手でこれを書いています。

 

 I.O.Iの最後を飾る曲が公開されたようで。20日から数日開催されるコンサートで活動を終えるI.O.Iですが、この曲は今のところコンサートでのみの披露らしく、そうか~これはぜひとも舞台の上で聴きたかったものだなぁその姿を観たかったなぁ~、と、なんかうるうるしてしまいました私。

 この曲はSEVENTEENのウジくんが歌詞と音両方の制作に関わっているよう(ウジくん単独ではなさそう)で、ウジPDの作詞作曲、だと…!?と、衝撃を受けています。いや、ウジくんすごいわ、あなた、って。

 韓国語の正確な表現がわからないのがもどかしいですが、せぶちの曲の和訳をいくつか拝見して見てみるとと、ウジくんは彼らしい表現を選ぶなぁ…と思うことがあります。せぶちの曲はもちろんウジくんだけじゃないし、他のメンバーも色んなところで楽曲制作に関わっているのだろうから、もはや「ウジくん」の言葉を探すことは厳密にはできないのですが。不器用でシャイなウジくんっぽい言葉。「あじゅNICE」なんかは、そういうのが所々垣間見ることができて。ラストの歌詞とかは、丁寧語を採用して訳されている方がいらっしゃって「今日も一日楽しかったですね」「次のデートも早くできたらいいですね」みたいな、仰々しい口調がなんとも良いのです!!!ウジくんっぽい。

 I.O.Iの曲も、歌詞のニュアンスを見てみたところ、「ふわ~」ってため息をついちゃって。なんというか、男の人が考える女性目線の歌詞も、なんか良いのよね、と思ってしまいました。

 自分のグループだけではなく、他のグループにも楽曲提供ができるなんて。ウジくんはプロデューサーとしての仕事もこなせるってことが、今回のことでよくわかりました。彼はプロであったのだな、と(プロとしての力量はその手の専門ではないのでわからないけれど)。

 

 彼がこれからも自分の納得がいく制作活動ができますように。それを楽しむことができますように、と願うばかりです。

 

 

 そして、I.O.Iは終わってしまうのですね~。正直「プロデュース101」後はそれほど熱中しないように自制しているところがあって、そうかあっという間だな~って思っているところです。I.O.Iは通過点、とわかりながら、絶対惜しくなっちゃうじゃないですかこんなに売れちゃったら。こんなにグループとしても面白くなっちゃったら。最後がわかっているのに、そんなのズルい!って思いながら、私は柱の陰から音楽を聴いたりMVを観たりしていました。愛着を持つと悲しいですからね。何はともあれ、メンバーはお疲れ様、という感じです。水面下でメンバーそれぞれも色々あっただろうし、グループを掛け持ちしている人は体力的にも大変だったろうに。グループの計画として上手くいかないこともありながら、振り返れば「すがすがしいほどやりきった」という感覚をおぼえます。というか、そういう演出も含めて上手いなと。

 

 ミュージックビデオはI.O.Iとして選ばれたメンバーに注目されていますが、「プロデュース101」というプログラムを含めて「少女たちの青春」と捉えると、涙なしには見られません。I.O.Iに選ばれた人だけでなく、選ばれなかった人もそれぞれの道で素敵な人生を歩んでほしいなぁ~なんて、何様だお前ってツッコミをいれながらも願わずにはいられません。I.O.Iの歌なんだけどね、やっぱり選ばれなかった子たちの顔も思い浮かべちゃいますね…。

 

 

 ということで、何とも素敵な曲だと思いました。この曲好きです!そして、サムネのカンミナが可愛い~~~~(´;ω;`)カンミナ可愛いほんと可愛い。

f:id:dorian91:20170118143537p:plain