根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

「らしさ」を求めて ―OH MY GIRL『Coloring Book』―

 「おまごる」ことOH MY GIRLちゃんたちがカムバックしてくれました~~~わ~~~い。おまごるちゃんたちは「四季」がよく似合いますね。(といってもおまごるちゃんたちの「冬ソング」は未だ見つからないので、「四季」が似合うというのは違うのかな)「春」と「秋」が似合うおまごるちゃんたち。季節と季節が移ろいでいくちょうどその狭間が、彼女たちにはよく似合うなぁ~と思っています。SISTAR姐さんたちはがっつり「夏!!!」って気がするね。

 

Oh My Girl 4thミニアルバム - Coloring Book

 

 

 どうでしょう、おまごるちゃんたちの人気と評判の方は。

 

 今回もやっぱりかわいいおまごるちゃんたち。新曲も案の定好きだ。特にミュージックビデオの一番の映像がお気に入り。メンバーそれぞれの表情が良すぎて、一番だけ繰り返し見てしまう始末。これじゃあ、音楽番組での順位争いに貢献できてないじゃないか!ちゃんとfullで見るようにするね。

 今回のカムバックで思ったけれど、OH MY GIRLというグループはグループとしてのまとまりがしっかりあるものだから個々が目立たないと思いきや、とんでもない「個性」の塊だってことだ。今回の『Coloring Book』という曲は、そんな「個性」をどかーんとぶつけた曲だと思っている。

 まず、声。この曲は個々の声がしっかりしているのだ。おまごるというグループってやつは色んな声質が揃っていて聴いていても楽しいし嬉しくなっちゃう。だって、誰が歌っているかってわかるからね。というか、それぞれの声の特徴を上手く活かしてパートがつくられている気がする。ありあまる若さに愛嬌たっぷりのアリン嬢に、ちょっと低めなビニちゃん、清涼感たっぷりのジホやんに、茶目っ気満載のミミちゃんでしょう?そしてこうカスタードクリームみたいにしっとりとしたユアたまの歌声に、メインボーカルヒョジョンとスンヒの安定感でしょう?このメインボーカルもしっかりと住み分けができているというか、ヒョジョンはTHEアイドル(これは本人のパフォーマンスの影響も受けていると思うけれど)的な可愛らしいけど芯はあって力強いボーカル、スンヒちゃんは繊細で多彩な歌の魅せ方ができるし本当に素敵。色んな歌い方ができるものだ。新曲は、色んな音が賑やかだし、一見すると「無個性」に聴こえちゃうような印象も受けつつ、実は「個性」が色んなところに隠れている面白い曲だなって思った。それが特に楽しいのが一番な気がしているので、私は一番をよく聴いてしまう。サビもメインボーカルに任せっきりではないところに、おまごるの層の厚さを感じるし。整えても、揃えても、はみ出してしまう「個性」ってのが楽しめる曲だ。

 これがおまごるの「らしさ」ってしてしまうのは違う気もするけれど、おまごるは基本的に「せわしない」。忙しい。『LIAR LIAR』の頃から忙しいなぁと思っていたけれど、この曲は本当に「ハイスピード」だ。分解しそうできちんと保っているのは、おまごる自体の力なのだと思うけれど、もうちょっと落ち着いてもいいのではないか?と思うので、事務所の方々ご一考くださると嬉しいです。あと衣装の方もぜひよろしくお願いします。おまごるのスタイリストさんのセンス好きだけど、今回の曲は結構挑戦的(かつ私はギリギリアウト)だなって思っているので。まあ個人的な意見だから、すみません…。

 「らしさ」の話をすると、たちまちよくわからなくなります。「らしさ」なんて気にしなくていいんじゃー!!!と思う一方で、どうにも「合わない」ものもある。「らしさ」って何なのだろうね。私は息をしているだけで十分だと思うけれど、そうもいかないらしい。私は今回のカムバで、「整えられ揃えることができながら、最終的には同じではないよね」ってところがおまごるのおまごるらしいところだと思ってます。にじみ出るその個性、ちらりと見えるその人らしさがいい感じに色どりを与える、そういうところが、おまごるの好きなところです。