根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

#88 ピラミッドの上位層にいる君たちは、アイドルで―GOT7「Hard Carry」を愛でる―

 今晩はまだねっとりと温かい夜になりそうです。それでも風が涼しくなっているのを感じると、秋はますます深まっていくのだと実感しますね。

 

さて。GOT7がカムバックしました。

f:id:dorian91:20160927231912p:plain

 

 10月は色んなアイドルがこぞってカムバックするようで、「10月秋のK-POP大戦」と勝手に呼ぶことにします。既に、INFINITEやApinkが名乗りを上げていて、その他にもSHINee防弾少年団、MONSTA Xなんかもカムバック。過剰供給で需要側が追いつかないものです。

 そんななかGOT7も満を持してカムバックということで。カムバすることも知ってはいたんですが、気がつけばショーケースをやっていてミュージックビデオも公開されていたという・・・。普段はあんまり追っていないので情報不足でした。で、何気なく見たミュージックビデオ。

 

 ま~良かった。

 一回聞いて、私好みの曲だと直感しました。EXOの「Monster」やMONSTA Xの「All In」が好きなのであれば、なんとなく予想できてしまいそうです、黒や紫を多用して暗いテイストの映像が今はかなり好きなので、ドストライクでありました。

 

 今日は、GOT7の活動曲を愛でたいと思います。

 

私とGOT7

 GOT7というグループですが、正直1番推しているグループでもないし2番目でもない。新曲があれば聞くしメンバーの名前は全部把握しているし、てか今までリリースしたCDの主要曲は押さえているぞ!という程度の認識です。推しはぐるぐる回って今はリーダーのJBです。あの歌声が好きなんですよね~。リーダーだけで言ったら「If You Do」とか今回の活動曲の方が合っているんじゃないかなってすごい思います。かわいい系よりは強面系?かっこいい系?

www.youtube.com

 で、サクッと本題のミュージックビデオに移りましょう。

 

GOT7「Hard Carry」ミュージックビデオ

 最近のアイドルのミュージックビデオで一番好きかもしれないです、これ。

 構成はダンスシーンとそれぞれのセルフショット(というのかな?)で作られているオーソドックスな作り。それだけで安心して見られる。だけど細々したところで「おっ」と驚くようなカットを入れてくるし(終盤の水中の演出とか)メンバーそれぞれの演技も上手いのだろうなぁと思いました。

 あとは、初めてMVを見たとき一番思ったのは豪華だな~ってことでした。そんなにお金かかってないのかもしれないけど、比較的大きな事務所らしい、きちんとした作りのミュージックビデオだな、と。なんか至る所行き届いているな~と感じました。ま、それだけなんですが。

 

www.youtube.com 

 ミュージックビデオに明らかなストーリーを盛り込んでくるのはGOT7に限らないし、わかりやすさ・わかりにくさの違いこそあれ、多くのミュージックビデオには共通して「ストーリー」めいたものがありますね。GOT7のこれまでのMVもそうでしたし。今回のMVも、ストーリーはなんとなくわかるけど所々「これって何なんだろう?」という要素(水槽、飛行機、事故、鳥かご、などなど)も加えてあって、その点でもバランスがいいと思いました。そう、今回の曲は全体的にバランスがいい気がします。

 

 次は個人個人のシーン別に。

f:id:dorian91:20160927234532p:plain

 安定の歌いだし、ジャクソン。

 飛行機の中。全然違う感想だけど、ジャクソンの肉の付き加減が好きです。いい感じに締まっている体が様になるのはいいね。

 

f:id:dorian91:20160927234754p:plain

 お次はベムベム。今まで全然気に留めなかったんだけど、今回の曲で一番ときめいたのはベムかもしれない。ちょっと高めのラップは、ちょっと新しいベムって感じがしました。かっこよくなったね~。

 

f:id:dorian91:20160927235009p:plain

 我らがリダ、JB。今回は飛行機組とそうじゃない組で分かれているんですね。ボーカル組(JB、ヨンジェ、Jr改めジニョン)のシーンは、人間の精神世界を表しているのか。

 JBのカットで、一番(上の写真)と二番で、木の色が違うのは何故なのか、ちょっと気になります。精神世界の崩壊?二番での木は私は枯れていると見えたんだけど・・・。

 

f:id:dorian91:20160927235322p:plain

 お次はマーク。

 マクさんはいつも思うけど、全体的に細長い人だよな~。なんでこんな細いのやら。異国の風をいつも感じるので、そういう雰囲気をラップに生かしたら面白いと思うけどマクさん。

 

f:id:dorian91:20160927235554p:plain

 次はユギョム。身体の動きが激しいからうまくキャプれなかった。

 実はHOME RUNのサビを聴いてから、ユギョムにはバンバン歌ってほしいと思って、パートにもユギョムらしい部分が入っていたので良かったです。今回はダンスが映えるような。ユギョムもまたバランスのいい痩せすぎず太りすぎず、大きな体格をしていて安心できるんだよな~。

 

f:id:dorian91:20160927235845p:plain

 イケメン化が止まらない、ヨンジェさん。

 ここの鳥かごのシーンは印象的でした。

 “Let's fly again, fly again, fly again, I got this right”

 の部分。3つ目のfly againからI got this rightにつながる歌い方が、1番のジニョンと共に好きです。細かいですが。

 

そして、ラスボスがこの人。

f:id:dorian91:20160928000318p:plain

 イケメン化が止まらないよ(2度目)、ジニョンさん。

 う~むやられました~。ジニョンさんなんだね俳優枠は。絶対今回の曲でファン増えるだろ、って思いました。私は。

 

 いいミュージックビデオだと思いました。ごちそうさまです。何度見てもしつこくないミュージックビデオだよね。(VIXXは繰り返しは見れないのだった。)

 

GOT7「Hard Carry」の音楽&パフォーマンス

 まずは無難な指摘から。何度も何度も言っているように、パートの偏りがそれほどない、これまた「バランスの良さ」が音にも出ているように思いました。まとまりが良いということはつまり尖っているものも無くなってくることを意味するので、このジレンマは難しいな~と感じました。ラップ(と言っていいのかわからないが)を4人で均等にすることで、4人それぞれの歌い方とか解釈とか表現の仕方とか、それを比較できるなぁと思いました。意外とベムやユギョムが自分っぽさが出ていて私は好きです。まあ、ジャクソンのラップは毎曲耳にしているし。 

 そして同じようなことがボーカルにも言えて。ロングトーン(というのですか?)歌うまボーカルの歌唱力を「聞かせる」という要素にはやや欠けている楽曲かなぁと思いました。まあ、GOT7の活動曲は「聞かせる」というイメージは元々あんまりないのだけども。別に声を張り上げるだけが歌うまいってことにはならないと思うので、気にしない。

 ダンスはどうでしょう?早く音楽番組でのパフォーマンスが見てみたいです。ショーケースやMVを見る感じ、それぞれの前方中央に出てきて踊るような構成になっている気がしたので、それぞれの見どころがあるのでは?と期待しています。

 

 

 ・・・。よし、無難なことは言った。

 お次は、この記事のタイトルと絡めた感想。

 

私はGOT7はカースト上位者だと思っている

 そうなんです。デビュー曲からずっと思っておりました。

 最近は薄れてきましたが、GOT7のらしさって、学校でいう「カースト上位者」で「余裕があって」「みんなを励ませるパワーを持っている」アイドル像って感じだったんですよ、勝手に思っているだけなんですけど。実際にメンバーがカースト上位者かどうかは知りませんし、何でもいいんですけど、GOT7というグループのイメージがあくまで。「自由」と「余裕」がキーワードだと思ったんだけどな・・・。最近は色々なことに挑戦しているなぁというのがまずは感想。それを「迷走している」とか言うのは容易いんだけど、別に色んなことをすればいいじゃんって思うのでこれからも応援しています。それに今回の曲だって歌詞を見てみれば「強気の男」って感じがして、それも「余裕」と通じるところはあるのであった。まあ私が思っているGOT7の「余裕」とは「遊び心を失くさない、気負わない余裕」なので、ちょっと性質は違うね。

 

・・・。はい。語りすぎました。私の単なる妄想でした。

 

 あ、で。それに「カースト上位者」ということに関連して。

 

 今回の曲。防弾少年団と似ていません?って話につなげたいと思います。

 イントロは似ているし、似てないです~って言いきるのは微妙だけども。

www.youtube.com これとかね。

 防弾少年団に限らず、GOT7に限らず、こういうテイストの曲はあるものなので大したことじゃないと思います。が、ちょっとここで両者を比較すると面白いなぁ~と気がつきました。

 

GOT7と防弾少年団

 どちらのグループも好きなのですが、全然貶すつもりもなく言いきるならば

GOT7には「勝者的な余裕や自由」を

防弾少年団には「弱者的なエネルギーや鬱屈」を感じるのであります。

 あ、怒らないでください。すいません。

 防弾少年団のそれを「弱者」と表現するのは違うと思うけれど、要するに社会のピラミッドで考えるなら割と下位にいるようなイメージを抱くんです。(あ、実際の彼らがどうとかじゃないよ!アイドルだからね)

 これまで負け続けてきた、認められてこなかった、あ~なんかモヤモヤするぅ!

 的な、若者の叫びを彼らは歌っているような。歌っていないような?

 

 GOT7は一方で、自分の持っているものを存分に活かし、輝いていこうといわんばかりの強気で、余裕で、飄々としているイメージ。ああ、そう考えると、私の中でGOT7ってマークなんだなぁと思いました。マークこそGOT7、みたいな。これまた誤解を生みそうな表現かな。

 奇しくも両者7人グループ。並べなくていいけれど、ちょっと面白いかなと思って、書いてみました。ああ、GOT7の話だというのに。

 

 

 なんというか、GOT7はまだまだ色々なことに手を伸ばせるグループだと思います。今回の曲も聴き込んで、観て、今後の彼らにも引き続き注目してまいりたいと思います。

 

 それでは。