読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

【ゲーム】#63 エネルギーが底値の時にやるゲーム―スマホアプリ「Deemo」を熱く語りたい―

ドラマ その他色々

突然ですが、私はリズム感がありません。

全くない、とは言わせないけど、太鼓の達人は「ふつう」が割とできない。でも「かんたん」だとなんとなく物足りなさを感じてしまい「ふつう」で頑張る人。

 

音ゲ―

「音ゲ―」というのは「音楽ゲーム」の略称で、ゲームセンターによく置いてあるイメージです。太鼓の達人ポップンゲーム↓もそうかな。新しいゲームが続々出ているようで、全く流行には触れていませんが、音に合わせてボタンを叩くものをこれから私が言う「音ゲ―」とイメージしていただければいいと思います。

http://dengekionline.com/elem/000/000/143/143561/c20090304_popn_04_cs1w1_180x.jpg

知り合いに、太鼓の達人がめちゃめちゃ上手いやつがいるのですが、一体どうしたらそういうことができるのか、わかりませんでした。

 

リズム感も大事だと思うのですが、反射神経・運動神経が大切なのではないか?と思っています。聴覚と指先、手のつながり、といいますか。思うように指や手を動かせる、ってことが重要なのではないか?と。遊びながら、私はものすごいイライラしてくるんですよ、思うように演奏できなくて。意識や感覚が先行して身体が追いつかない感じ。これは、鍛錬である程度どうにかなる部分と元々の素養、もありそうです。

 

と、今日はこんなことを言いたいのではありません。音ゲーにコンプレックスを抱いている私でも楽しめる音楽ゲームがあるんです!今日はそれを熱く語りたい。

 

その名は「Deemo」

 Deemoとは?

Deemo

Deemo

  • Rayark International Limited
  • ゲーム
  • ¥240

 

play.google.com

Deemoはスマートフォン向けの音楽ゲームです。タブレットでも遊ぶことが可能です。日本ではなく台湾の会社さんが作ったもので有料ゲームです。初期投資240円也。それ以降は「無課金パック」と呼ばれる曲で十分遊ぶことが可能です。後述しますが、音ゲーにしては珍しく?ストーリーがきちんと展開させるゲームでもあり、初期投資240円でストーリーのエンディングまで見ることが可能です。他にも「有料パック」と呼ばれるものがあり、1パック5~6曲で480円かかります。私はまだこちらには手を付けていません。

 

ストーリー

ストーリーを進めていきながら、遊べる曲を増やせるゲーム。

登場人物は基本的に2人。女の子と「Deemo」と呼ばれる生命体。

面白いのは、「言葉」が少ないこと。あ、台湾の会社さんとはいえ日本語できちんとセリフは入っています。ですが、他の物語に比べ圧倒的に言葉が少ない。自分たちで情報を頼りに物語を紡いでいく感じ、想像していく面白さがあります。もちろん考察も多くされているようですが、まずは自分で色々と考えていくといいと思います。というか、ネタバレは見ない方がいいです。泣けません。

 

そう、音ゲーで泣けるんです。これ、すごい。

 

難易度

難易度は各曲に「Easy」「Normal」「Hard」の3段階。上から下に落ちてくるものがバーに重なったときにタップする遊び方ですが(詳しくは動画で探してみてください)難易度が高くなるにつれ複雑になっていきます。落ちてくる早さは自分で変えられます(これも面白い)。同じ「Easy」の曲でも難易度が違うのもユニークです。難しさの指標は「Lv」(レベル)を見るといいと思います。

私の場合は、これまたできないけど「ふつう」で頑張るタイプ。何度も何度もやっていると流石に少しはできるようになるので楽しいです。

上級者でも難しい曲もあるようなので、実力問わず楽しめるゲームじゃないかな?と思います。

 

Deemoの好きなところ

ここからは、私が好きなDeemoの良さを紹介。

余談ですが、最近あまりにもスマホに依存しているのが嫌になりまして、「スマホアプリ断捨離」なるものを行いました。他人と比べてそれほどスマホアプリを持っている自覚はないんですけど、主にゲームを消すことにしました。さよなら、パズドラ、さよならツムツム。有料、ってこともあるのですが、唯一生き残ったゲームが「Deemo」です。

理由は色々あって

・音楽を静かに聴ける空間でプレイしたい(つまり電車の中であんまりやらない)

・気分転換になる

・だらだらと続けない せいぜい10分くらいしか一回でプレイしない

ということがあったので残しました。これはそのままDeemoの良さになるかもしれませんね。

で、好きなところを3つに絞ってご紹介します。

 

①できなくてもいい

音ゲーって、ミスをしまくると強制的にゲームが終了するタイプのものもあるのですが、苦手意識を持っているユーザーだとそれがストレスになることもあって。その点Deemoはどんなに下手でも曲は最後まで続きます。つまずいても続けることができます。できないところから頑張れば良し。気乗りしないなら演奏しなくてもいいし(笑)いっそのこと。最後まで聴き続ければいいのです。

 

②エネルギーがいらない

落ち着いた色合いなのも好きなところです。テンション上げなくていい。

ちなみに、以前はラブライブ!のアプリもやっていたんですけど

lovelive.bushimo.jp

正直エネルギーもっていかれます(笑)かわいい~って思うことすらエネルギーを消費する。「がんばれ!」とか「ファイト!」っていう言葉に疲れる。出来ないことに苛立つ。望むキャラが引けなくて苛立つ(ガチャシステムの話)。

と、スクフェス批判みたいになっているけど、良曲多いし何より花陽ちゃんがかわいい。だから嫌いじゃない。

 

と、Deemoの話。

エネルギーが底値でも、できるゲーム。これがDeemoの良さでしょう。

 

③曲がよい

Deemoの好きなところ3つめは収録曲が良い、こと。

色んな人が作った曲が入っているので、どれかは気に入る曲があるはず。

 

私の好きなDeemo曲TOP5(無課金)

初期投資のみで楽しめる曲の中で私が好きな曲をご紹介。順位はつけられないので、ただ挙げるだけです。

 

①Utopiosphere

www.youtube.com

Deemoをプレイして最初の方に登場している「Utopiosphere」。ユートピアとスフィアの合成語かと。ファンタジーな感じがとても好きです。曲が好きすぎてNormalでは飽き足らず、Hardでフルコンボまでできるようになりました(私としては快挙。難易度的には難しい方ではない)。

 

②Sunset

www.youtube.com

お次は「Sunset」。Hardは練習中です。リズミカルなピアノの旋律とサビの「たららら~」って感じが好きです(笑)日が地平線の彼方に落ちていくラストがもの寂しいところも良い。

 

③Fluquor

www.youtube.com

若干のネタバレになりはしないかと思うけれど。

美しい曲であります。そんなに難しい曲ではないので、ピアノを弾いている気分に浸れます。中盤過ぎたあたりの盛り上がりがなんとも切ない。

 

④Altale

www.youtube.com

割と最近の?アップデートで入った比較的新しい曲。

この曲だけで物語が作れそうな、想像力を掻き立てるメロディが好きです。絶賛練習中です。

 

⑤Magnolia

www.youtube.comラストはmagnolia。初期の頃の上級者泣かせの曲、という印象。

間奏がなんともいえず好きでして。一生懸命練習しています。Normalですらしんどいです。

 

まとめ

ということで、妙な肩の力を入れずに楽しめるゲームですよ、というご紹介でした。240円で買って損はしないと個人的には思えます。無料アプリ特有のうざったい広告がなかったり、一回ダウンロードしちゃうと通信が不安定でも問題なく遊べてしまえるので時々電波が通じない電車とかでも楽しめちゃうゲームです。

 

以上Deemoのご紹介でした。