根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

#61 【ドリコン2016】癒されたいなら、これを聞け

どりあんです。

 

CLCの新曲が気になっています。

EXOがカムバするようですが、どうなるのか(色んな意味で)ドキドキしています。

OH MY GIRLは相変わらずかわいいです。

B1A4の皆さんがおまごるの「一歩二歩」をカバーしてくれたみたいで感無量です。

KNKも気になっています。実はASTROも気になります。

 

まだまだ楽しい日々を送っています。

 

6/4に、色んなK-POPアイドルが出る「DREAM CONCERT」というものがありまして。

Vアプリ」というスマホアプリで日本でも見れるコンテンツらしく、途中から30分くらい見てました。

日本でも、「FNS歌謡祭」とか「ミュージックステーションのスーパーライブ」のようなものがあり、それをイメージしてもらえればいいのかな、と思います。

そういう歌謡祭の楽しみ方の1つとして「自分が好きなアーティスト以外でお気に入りのアーティストを発掘できるチャンス」を挙げたいです。ロックフェスもそういう一面がありそう。特に、まだまだそのジャンルで知らないアーティストがいるのであれば、色んなアーティストが集まるフェスっていうのは世界が広がるきっかけですね。

 

今回のドリコン、今をときめくK-POPアイドルがずらずら出て来るわけですが、私の狙いは専ら「SEVENTEEN」と「VIXX」であって、他がどういうアイドルが出るのかすら気にかけていませんでしたが・・・・。

 

まさか「彼ら」に打ち抜かれるとは・・・。

その彼らとは。

 

BTOBの「Remember that」

やつらの名前は、BTOB。「BTOB」は「Born To Beat」の頭文字で、新しい音楽とステージを披露する心意気が込められているようです。デビューは2012年。今、K-POPをにぎわせているグループが新人として出てきた年にデビュー。EXOやB.A.P、AOAにEXID、VIXXなどが同期なのです。改めて思う、すごいな、この年。

 

ドリコンに話を戻そう。

 

さて、ドリコンでVIXXを見て満足した後に、なんとなく見続けることにする。どうやら次は「BTOB」らしい。BTOB最近の曲知らないしな~と思っていたら、ですね。これが流れてくるわけです。

 

www.youtube.com

衝撃でした。何、この多幸感。そのあと、約4分間。耳が離れられなくなりました。

 

「歌うめえ」

「癒しでしかない」

「ユクソンジェ、イケメン」

「ジャケットにキャップは合わない」

「ミニョクさん、儚い」

 

とか、実際は画面に向かって何かを言い続けていた変人でしたが。

 

BTOB、ヤバいぞ、と。心を打ち抜かれた瞬間でした。

 

BTOBについて

BTOBは実はデビュー作から知っているという、私にとっては稀有なグループです。そこからどっぷりのめりこむほどではないけれど、リリースされた曲を追っていくなかで私が思っていたのは「迷走している」グループだな、と。製作者側にとっては「迷走」なのか「チャレンジ」なのかはわかりませんが、いろんなテイストの曲をリリースしています。(気になる人は追うといいと思います。)

その姿勢自体は私はかなり好きで。グループの歌唱力は定評があるわけで、どんな曲もそれなりに歌ってしまえる。しかし「彼ら」だからこそ、の歌に乏しかったように思います。「もったいない」とか「惜しい」とか、BTOBに関してはそういうコメントを耳にすることがあった気がします。個人的には、これだけ持ち歌の色が多彩なグループも珍しい気がしていて、だからこそこれからどうなるのだろう?と思っていたところに

 

www.youtube.com

決定打がこの曲だったのかもしれません。

「It's Okay」ここから、バラード曲に方向性を見出し、バラードテイストの曲を活動曲として続々リリースして今に至る、というわけです。

 

「Remember that」

私がドリコンで打ち抜かれたのは、2016年の春にリリースした曲。この頃は多分、おまごるのらいあーらいあーにテンションが挙がっていた頃、かつVIXXにせぶちもカムバックを控えている状況で、完全に見落としていましたBTOB。

 

www.youtube.com

ミュージックビデオにも、随所に「春らしさ」が詰まっていて、心地よい温かさに包まれた作品だなぁと思います。

 

この曲、打ち抜かれた部分は自分でもわかっていて、「イントロのアコースティックギターのメロディ」がなんとも切なさをくすぐるメロディなのだと思います。この曲の、このメロディを聞いたら、きっと「時間が変わる」。どんなに忙しくても、きっと時間の流れはゆっくりになる。なんとなくそう感じました。

 

決めつけること、っていうのは取り扱い注意、なことですが。

グループにもそれぞれ固有の「色」があると思います。

 

私が勝手に描いているイメージ像は

SEVENTEENは、少年性。

防弾少年団は、孤独と強がり。

VIXXは、沼のような闇。

Oh My Girlは、ファンタジー。

EXIDは、蛇とピンク。

 

などなど。まあ勝手に思っているだけで、主観的なイメージ像ですけどね。

 

BTOBってなんだろうな、って思ったんですけど、今のところは「そばにいてくれる」なのだと思います。押し付けもせず、諫めることなく、ただ「そばにいてくれる」音楽を表現するのが上手い気がする。安心して聞ける。それは技術的に安定感があるパフォーマンスだけでなく、音楽的にも。なんとなく疲れた心に染み入ります。BTOB先輩。

 

癒されたいのなら、BTOBを聴け。

 

です。