根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

#1 コンセプトドル、奴隷になるってよ

どりあんです。

この度「好きなものについてひたすら語る」ブログを開設いたしました。現実世界で、まったくと言っていいほど語ることができず、このままだと内部から腐食が始まりそうだったので(という言い回しをしてみる)。

ということで、色々なものが混在するブログになるかと思われます。

私自身楽しみながら書くことができればいいと思います。

 

祝カムバ!

K-POP界では年に1枚程度アルバムをリリースするが、この約1年ぶりのリリースをカムバック(カムバ)と言う。カムバック(カムバ)すると、一挙に数々の歌番組に出演するが、約3ヵ月間を歌手としての活動期間とし、その間は音楽番組をメインに出演する。

一定期間が過ぎると音楽番組で歌うことがなくなり、次のアルバムの制作に集中したり海外活動を行ったりして韓国の音楽番組から遠ざかるが、その間に技術を高め、新鮮さを増して、約1年後に戻って来ることができる。その際、新たなアルバムをリリースし、音楽番組への出演活動が始まり、再び、それをカムバックと呼ぶ。

カムバックステージ→活動期間(タイトル曲→後続曲→リパッケージアルバム*)→グッバイステージ→充電期間(音楽番組から離れ、次のアルバム制作や海外活動など)
*リパッケージアルバムはグッバイステージの後に出る場合もある

 

私の好きなもの、それは、K-POP。ハマり始めて今年で3年目になるだろうか。

元々は妹の方が好きで、私のキャーキャー言う妹をかなりバカにしていたのだが、その深い深い沼にドボンした今となっては立場は完全に逆になってしまった。

といっても、隣国へ渡ったりライブに行ったりCDを買ったり音楽番組の投票をしたり、ということはしない。ゆるゆると「はぁ~かっこいい、かわいい」と思っている程度だ。

 

今回、私の好きなアイドルグループVIXXが「カムバック」(冒頭の説明文)をしましたので、ひとまず新曲を愛でたいと思います。

 

コンセプトドル

韓国のアイドル業界は日本以上に激しいです。

ちゃんとした数を把握していませんが、アイドルの多さは隣国の方が多い?そういう激戦を勝ち抜くのもどんどん厳しくなっていきます。

 

VIXXは男性6人組のアイドルグループで2012年にデビューしました。詳しくない人はわかりにくいのですが、2012年はいわゆる「豊漁」の年。EXO、AOA、BTOB、B.A.P、EXID、NU'ESTなどなど、今でも名が残るグループが多い年な気がします。

 

VIXXも当初の楽曲は「キラキラ~」って感じで、いかにもアイドルらしいさわやかな雰囲気のもの。言ってしまえば「目立たない」曲だな~と今から考えても思います(といってもその曲もとっても好きなのですが。良曲です)。

 

しかし、明らかにVIXXは路線変更した時点がありまして。それ以降曲を出すときは明確に「コンセプト」を提示し表現してきたので「コンセプトドル」とも言われるように。それが功を奏し生き残ってきたグループです。

 

ああ、いかんいかん。今回の新曲を愛でたいのだ、私は。VIXXのヒストリーはまた気が乗ればすることにして。今日は、昨日公開された新曲「chained up」を愛でます。

 

愛の奴隷


빅스(VIXX) - 사슬 (Chained up) Official M/V - YouTube

今回のコンセプトは「奴隷」のようです。

news.kstyle.com

 

ど、奴隷!

 

VIXXがどう表現するのか楽しみ!とワクワク。

 

以下、メンバー別に語っていきます。

f:id:dorian91:20151111094631p:plain

リーダーのN(えん)。私はいつもえねねんと言っています。

今回えねねんは他の曲に比べてあまり目立たない印象があります。というより、今までえねねんが目立ちすぎ。VIXXの顔として常に先頭を歩いてきたんだな~と今回のMVを見てしみじみ思いました。

しかし!目立たないから、といって悪いわけではなく(それは他のメンバーがより出てきたということも意味するから)要所要所はしっかり押さえているのではないでしょうか?スマートです!

どんなところがスマートなのかというと、まず体型がスマート。細い。とにかく細い。元々しなやかで細いえねねんだけど、さらに痩せたと思われる。でも芯が通っているから凛として見える。

そして「on and on」のグレーの髪も最高だったけど今回のカメムシヘア(緑なのかグレーなのか茶色なのか、形容できない色合い)もキマッテいる。グレーも良かったけど、個人的には髪のボリュームを落として、えねねんの細さにより合っている今回の髪型がとても好きです。

あと、えねねんの好きなところは「視線」がいいところ。目の演技が上手い(といっていいのだろうか)。ぜひえねねんの視線にも追ってほしいところ。今回は終始「冷たく」「光が通らない」目の演技をしています。ひゃ~かっこいい(笑)

 

はあ。今回でえねねんに惚れ直しました、私。元々お豆(ホンビン)のペン(=ファン。押しメンバー)なのですが~くぅ~、揺らぐ。えねねん好きだ。

 

いかん次へ。

f:id:dorian91:20151111095956p:plain

レオ。無口でシャイなお父さん。メインボーカル。

これは私の意見ですが、レオが変わらずにそこにいる、というのがVIXXにとって意味のあることだな、という気がします。抽象的ですけど。

なんというか、私から見るとレオってすさまじい存在感を放っているのです。元々のキャラによるインパクトも含まれていると思いますが。(今でこそしゃべるけど、昔は本当にしゃべらないし照れるし小声だし、何アイドルこれでいいの!?って思ったものです)にしても、存在感。ジャングルの皇帝だから、ですかね。

 

VIXXは表現力があるグループだと思ってます。他のグループが表現力がない、というのではなくて。「染まる」グループなんです。多分。でも、染まり具合は人それぞれで。レオの場合「レオ!」って感じがどこか残るイメージなんですよね~ふぁ~抽象的ですいません。

だから、レオがそのままでいてくれることがVIXXらしさにつながる気がして。コンセプトから戻れる目印がレオなのかな、と。

ま、とにかく金髪も美しいです。はい。できればセンター分けはしないでほしいです。

 

はい、次。

 

f:id:dorian91:20151111091855p:plain

f:id:dorian91:20151111091853p:plain

 ケン。キュートなメインボーカル。

 

(゚Д゚)ノ

 

どぼん。

堕ちた。今自分がけんちゃん沼に堕ちる音を聞いた。

今回のMVPを誰にするか迷ったんですが、理屈の前に感覚的にけんちゃんを選んでいた。MVPはけんちゃんです。

今回の曲でけんちゃんに対して感じたのは「薄い」ということ。

いや、痩せたとは思うのだけど、全体的に薄い。色素が薄い。色白。髪も薄い。目も死んでいる。ああ、そういう「儚さ」的なものは、色が濃い花々に囲まれているからより強調されるのだろうか?えねねんには「冷たさ」を感じたんだけど、けんちゃんには「無」を感じる。なんか何もない。感情がそぎ落とされている感じが伝わってきました。尊い。

 

f:id:dorian91:20151111102643p:plain

ラビ。心優しいラッパー。

ラビたん、この↑角度多いですね。大丈夫かっこいいです。

私黒髪ラビたん好きなのですが、どうなんでしょう?

途中の「Eenie meenie minie moe 」っていうところがフリと共にアクセントになっていてすごい好きです。これって日本でいう「どーちらに しよーうかな 神様の 言う通り」の英語版、みたいです。癖になります、ここ。

ああ、でも色っぽい、って言ったらお豆よりらびたんかもしれない。お豆はもうちょい禁欲的。このしっとりした髪質も合っていていいです。

 

はい、次。

f:id:dorian91:20151111091824p:plain

ホンビン。狂気を演じさせれば右に出るものはいない(と呪いの人形を見てから思っている)。お豆。

まあね。ホンビンちゃんに関しては耐性がついているよね。驚かなかった。思うけど、普通の人間を演じるよりはひたすら狂気じみた人物を演じた方がいいんじゃないかな?そのほうが自然だと思う。

色っぽいな~って思うけどあんまりいやらしさは感じない。えねねんは中性的でレオは野獣ぽくてけんちゃんは無で、ホンビンは・・・。なんだろ。わかんないや。

今回はパートが増えて良かったな、と思います。メインボーカル+えねねん+ひょぎは割とトーンが高めなイメージで。声質とか、かな。一方お豆は低音じゃないですか。でもラップはラビたんがいるし、じゃあどこで?歌うの?と思ったときに、今回の位置はいいな~と個人的には思いました。

 

f:id:dorian91:20151111091846p:plain

ヒョギ。まんね(末っ子)。

今回、ヒョギのパートが増えたしいい感じで嬉しいです。この調子でもっともっと歌ってほしい。ヒョギの歌声はなんか特徴的ですね。透明感ある感じ。SHINeeの豆腐ことオニュっぽい、という声もあるし。

何より金髪がいいですね。「らっきょばでぃ」の時がすごい好きなので。

にしても、このコンセプト、まんねには早いのでは?とか思うわけですが、あんまり違和感がないですね。体型的にがっちりしているししっかりしているから、少し大人っぽく見えるのかな。でも、少年性のようなものはあるか・・・。

ひょぎのダンスも好きなので、パフォーマンスを見るのが楽しみです。

 

総括

とりあえず、締めます。

私は今回の新曲、かなり好きです。

私はVIXXにハマるきっかけは「呪いの人形」で、不動の一位なのですが、それに並ぶ感じ。

曲的には「奴隷」コンセプトの割には明るい気がしました。イントロは結構不吉さを感じるのですが、とにかくサビがキャッチ―。でも、それはいい意味親しみやすさにもなるのかな?と。耳に残って脳内リピート。だからサビの明るさを「開き直り」とか「自虐」とかと捉えられたりもできるけど、それだとつらさが一層増しますね(笑)

曲を通じて色が変わるので「呪いの人形」のように徹底したまがまがしさは感じない。

 

しかし、パフォーマンスとかビジュアルとかを考えたとき、やっぱり洗練されたな~って思います。美しい。確実に磨きがかかっている。

 

コンセプトを打ち出すVIXXは、色々と考察出来て面白いです。それがものすごく好きなのですが、いい意味悪い意味「大衆的」ではなくなる気もします。そうだとしたら、それはVIXXの強みだと思うし弱くなるところでもあるわけで。本人たちも悩むことがあるのでしょうか?

 

とにかく、これからも楽しみです。