根津と時々、晴天なり

大好きなものをひたすら言葉を尽くして語りたいブログです。

雑記

【雑記】私主体で

「私はアイドルをゆるく追っかけているのが好きです」 そうやって言葉にできるようになるまでどれくらいかかっただろう。このブログを開くことができるようになるまで、だ。2015年11月にこのブログを作ったみたいなので、大体1年ぐらいはドアの隙間からこっ…

【独り言】アイドルと魔法使いの話

アイドルと私たちは、共犯関係にある魔法使いなのだと思う。 それほど熱烈にではないが、隣国の音楽が好きでこの数年で色々なアイドルグループを見てきた。「見てきた」と言ってもライブも行かないしアルバムも滅多に買わないのだけど、それでも彼ら彼女らの…

【独り言】ただただ残念

第一印象は、「すんごいキラキラしている人がいるな」だった。 SHINeeのジョンヒョンの話である。SHINeeは輝く人たちの集まり。その中でも豪快でパワフルで明るく、そしてなんといっても歌がうまかった。そのイメージは今も変わらないけれど、加えてものすご…

#200 好きなことを、味わい尽くしたいから

この記事をもって、どうやら私は、このブログで大体200記事、書いてきたことになるようです。今日はそんな節目ということもあり、自分がどうしてブログを書いているのか、ということについて好きなだけ考えてみようと思います。 改めまして この文章を読んで…

【雑記】Wanna Oneに感じる盛り上がりを、私がK-POPにどぶんと落ちたときの過程とともに考える文章

注)以下の文章は、多分いよいよデビューお披露目となったグループ「Wanna One」について、全力で愛を語る内容では一切ありません。Wanna Oneの曲については、書くとしたら別の機会に書くと思うので、Wanna Oneを愛でたい人にとっては期待外れの文章になるこ…

【雑記】星野さんの服が好き

好きを語りたい。 これって、結構怖いことです。 私の好きなことが、他の人にとって「好き」とは限らないから。 私の「好き」が正しいことではないから。 「好き」が多数派であるばかりではないから。 「好き」と「我」が密接に結びついてしまうと、割と面倒…

【雑記】聴衆を引き込む技術×熱量×自分の言葉 ―TED×サラ・ケイ「私に娘がいるとしたら」―

「話すこと」が以前より少し苦手に思えるようになった。 話せば話すほど、自分の中にある何かから遠ざかるような気がして、イライラしてしまうのだ。 「私はこんなことを言いたかったはずじゃないんだけど」 「これじゃあ、私の言いたいことはさっぱり伝わら…

【雑記】私が偏愛するものについてのお話 -偏愛マップ-

タイトルの頭につける番号が#100に到達しました。 正確に言えば、今回の記事を合わせて99個の記事を書いてきました。 次で100個目です。記念にまずはヘッダーというものを変えてみました。 今日は区切りとして、何か書ければいいなぁと思います。 そうです…

【戯言】 言葉を、きちんと。

深夜の戯言。 恩田陸さんの『夜のピクニック』で確かこういう場面があった。 主人公の貴子は同じクラスの友人である梨香と千秋と歩きながらとりとめもない話をする。外界の情報を耳で聞き、頭で考え、反応として外界へ表現すること、のスピードの話。 私(つ…

【戯言】世界の輝き

平日のある朝のこと。 定期を落とした。私は時々忘れ物、落し物をする。予定は覚えてるけど、些細な思いつきや、やらないといけないことは、よく忘れる。 授業にはどのみち間に合わない。これまでの経験上、必ずどこかで見つかるだろう、と思った。そして案…

【物】靴はこだわるべきだった ~黒パンプスを買ってみた、という話~

治野です。 先に自己申告しておきますと、私は「ものすごいだらしがない」人間です。だとして、次に問題になるのは 「どの程度」だらしがないのか 「何に」だらしがないのか という部分です。 時間はきちんと守ります。集合時間で人を待つことの方が多いタイ…

【K-POP】なんだか苦しくなってきた。これこそK-POP沼①

治野です。 唐突な告白で申し訳ないが 私は小学生の頃、アイドル「嵐」の相葉ちゃんと大野君の識別ができていませんでした。確かどちらも鮮やかな茶髪だった。松潤は眉毛が濃い人で覚えていて、ニノはその頃から好きだったから大丈夫。櫻井君は髪もあ~って…

【小話】青天の霹靂だった価値転換~私がK-POPの門を叩いたとき~

治野です。最近胃もたれするようになりました。あと漢字間違いをするようになりました。ひえ~。 好きなものって何ですか? 時間はさかのぼること、約10年前。泳ぐことと本を読むことと漫画を読むことしかしていなかった子ども時代。 あの頃「好きな音楽は?…